タマディックが新卒・新人として採用するのは?

タマディックのような開発現場で必要とされるのは女性ではなく男性でしょうか。

そんなことはないはずです。

一般的な市場の動向や変化などから考えてみましょう。

◇世の中の市場は明らかに女性にシフトしている。

男女雇用機会均等法が施行されて相当な年数が経ちましたが、最近になってようやく、消費の主役が男性にあるのではなく、女性にあるということが理解されはじめたようです。

商品開発やマーケットリサーチの現場でも、それを裏付けるようなライフスタイルがハッキリと読み取れるようになったからです。

タマディックの話とは少し遠いように思われるかも知れませんが、宇宙や航空機、あるいはソフトウェア開発という分野が女性と無縁の分野かといえばそうではありません。

◇女性目線が必要不可欠になっている開発現場。

タマディックのような事業内容の会社でも、むしろ女性目線で、女性をターゲットに開発しなければならない技術・製品がいっぱいあります。

世の中には、そうはいっても新入社員の新卒比率は圧倒的に男性が多いという企業もありますが、タマディックの場合、そのような比率にこだわりをもっているわけではありません。

就職先としてタマディックに興味があるなら、積極的にドアをノックしてみましょう。

◇タマディックは口コミなどをみても、女性からの書き込みが多く、“リケジョ”人気はたいしたものです。

リケジョ人気については⇒http://www.sankei.com/life/news/160810/lif1608100015-n1.html

「女性にモテる企業は伸びる」というようなことを言う市場評論家がいます。

それでいくとタマディックなども女性人気が色濃い企業の1つです。

1つのテーマに粘り強く取り組み詳細に追求していく姿勢は、男性にはなかなか持ち得ないものです。

思い切って就活してみてください。