タマディックは宇宙・航空機の分野で屈指の企業

タマディックは宇宙や航空分野はもちろん、コンピュータ関連、ソフトウェア開発にも力を注いでいます。

今後のめざすところはどこなのか、考えてみましょう。

◇上流務・中核業務への進出で価値観を増す企業体。

タマディックのホームページには、「近年になって同社は、上流業務・中核業務への進出を行なってきた」というような社長の挨拶文が掲載されています。

またその一環として、「開発案件の一括請負化もすすめてきた」とあります。

回答者である私はタマディックの人間ではありませんので無責任なことは言えませんが、この文面から察する限り、つねに技術開発のレベルアップとステージの向上を果たしてきたことがうかがえます。

よくある“特化した独自技術”を有する企業は、それを頼りに自社の差別化を図っていくものですが、タマディックにはそれで良しとはしない先取の精神が息づいているようです。

◇開発案件の一括請負化を推進するタマディック。

さらに上記に紹介したタマディック社長の挨拶文には「開発案件の一括請負化」を推進しているとあります。

技術開発が製品の一部に限られている企業が多い中で、開発案件の一括請負が行えるのというのは相当な技術力があることになります。

おそらくこれまで多分野にわたって培ってきた高度な技術や製品のプロダクト作業が長じて、1つの製品開発を一括して受注できるだけの体制が整えられたと考えられます。

◇タマディックは「総合エンジニアリング企業」であるとホームページではっきり表明しています。

どの分野で総合力を発揮するかが今後の楽しみです。

個々に積上げてきた技術が、応用力やネットワークによって広範な分野にまで及んだというのが現在のタマディックの広範な事業領域だと思います。

一括請負化にもあらわれているとおり、今後は総合エンジニアリング企業としてのいっそうの強化を果たしていくでしょう。